スズキエイミチラシOL最終稿-02.jpg
2.jpg

・ 個展・新画集出版のお知らせ ・

この度5月24日(火)〜6月1日(水)の期間

銀座ヴァニラ画廊にて個展開催と、3冊目となる画集を出版することになりました。

本展では新たな試みとして作品自体に刺繍を施し、アンティークの額を用いた新作等を中心に展示をいたします。

※展示はコロナ対策のためご予約制となっておりますので、ご注意ください。
5月21日(土)よりご予約いただけます。

詳細はヴァニラ画廊のwebサイトをご覧ください。

 

 

https://www.vanilla-gallery.com/archives/2022/20220524a.html

 

 



この度、ヴァニラ画廊にてスズキエイミ個展「New L'art pour l'art」を開催します。

L'art pour l'art(ラール プール ラール)とは、19世紀ロマン派の中心命題の一つであり、

「芸術のための芸術」「芸術至上主義」のこと。
芸術は社会性、倫理その他何ものにも縛られず、それ自身のために存在するという思想です。

本個展では自身の解釈を取り入れた 新L'art pour l'artを提唱します。

ここで指す芸術のための芸術とは
古典絵画へのリスペクトを前提とし、それらを用いて描いた新たな芸術作品は、

芸術のために制作されたということです。

すなわち、これまでの古典絵画へのリスペクトを内包しながら新たな技法を織り交ぜ、

「芸術のための芸術」と向き合ったことを表現します。

新たな試みとして作品自体に刺繍を施したミクスドメディアに、

アンティークの額を用いた一点物の新作が並びます。

展覧会では、エディシオン・トレヴィルより刊行を予定している3冊目の画集も販売いたします。

スズキエイミの、新たなL'art pour l'artの世界を是非ご堪能ください。

I’m pleased to announce “New L'art pour l'art," a solo exhibition by Eimi Suzuki at Vanilla Gallery.

 

"L'art pour l'art" is one of the central propositions of the 19th century Romanticism movement, "Art for Art's sake" or "Art supremacy."

 

Taken from the French, the term "l'art pour l'art," Art for Art's Sake expresses the

idea that art has an inherent value independent of its subject-matter, or of any social, political, or ethical significance.  

 

In this exhibition, I propose a new L'art pour l'art, which incorporates my own interpretation of the phrase.

 

Art for art's sake is based on the premise of respect for classical paintings, and

that new works of art painted with that premise, were created for art's sake.

 

In other words, it expresses the fact that the artist has faced "art for art's sake" by

interweaving new techniques, while simultaneously  incorporating respect for the classical paintings of the past.

 

As a new attempt, I have embroidered mixed media on the works themselves, and new one-of-a-kind works using antique frames will be on exhibit.

 

 

A third book of paintings to be  published by Editions Treville, will also be on sale at the exhibition.

 

I hope you enjoy the new world of L'art pour l'art by Eimi Suzuki.